So-net無料ブログ作成
自分の希望に合うシフト

国立がん研究センター 検診者9千人分の個人情報含むUSBメモリを紛失 [ニュース]

今月24日、ヤフーニュースに、起きてはいけない事件がまた起きてしまいましたよ。今回はがん検診受診者9126人分の個人情報が保存されたUSBメモリがなくなったようです。いわゆる紛失です。

この個人情報を管理していた診療放射腺技師はどこに紛失したんでしょう気になります。施設内なのか施設外なのか。おそらく国立がん研究センターの個人情報の規則やルールには、個人情報を施設外へ持ち出すことは厳しく管理されているはずで、上司の許可なく勝手に持ち出すことはできないはずです。まぁ、個人情報保護法やプライバシーの侵害などその他の法律にひっかかる可能性がありますよね。

一番は検診者の情報がどの程度含まれていたのか、流出した個人情報が公になることで、流出された検診者に2次被害が起きる可能性があるのであれば損害賠償請求などが発生する可能性もあります。

小型で大容量で紛失しやすい可能性のあるUSBメモリの使用方法や管理方法は明確にする必要があります。職員への教育も大事ですが、USBメモリの扱い方が一番大事です。二度と同じ事件が起きないように教育に管理に徹底してほしいです。
nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ
  • SEOブログパーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。