So-net無料ブログ作成
検索選択
自分の希望に合うシフト

1200万円越えサラリーマンは給与所得控除縮小する予定だよ政府与党 [国内]

なんとなんと今月9日に、政府与党は年収1200万円を超えるサラリーマンの所得税と住民税の給与所得控除を縮小するようですよ。ついにアメリカと同じような流れになってきました。高所得者から税金を徴収して低所得者への分配のはじまりなのでしょうか。

または日本政府の収入になるのでしょうか。いつも徴収した税金の使い道は不透明ですよね。でもこの増税は2016年1月から実施する方向ということは実施するんですよね。

ヤフーのホームページに例題がありますが、夫婦と2人の子供の4人家族で年間約7万円から8万円の負担増になるようです。んん微妙な方法ですが確実に税金を取れるところから税金を確実にとるような動きですよね。

これで1200万円越えのサラリーマンは海外に移住するような動きにでる可能性もあります。日本では消費税もあがるので、彼らは海外でお金を使うでしょうね。本当にキツキツの生活をするような政府与党の動きは今後の日本の経済や私たちの生活に問題はないのでしょうか。疑念を抱きます。

まずは政治家の人数、所得額や夏休みの取り方などを一般サラリーマンに近づけてほしいです。公務員の収入もカットされていくなかで政治家みなさんの対策は後回しの傾向にあります。国民に選ばれた政治家であるのであれば、国民の痛みを知るために同じまたは近いレベルで生活することです。

政治家にとって政治活動に資金がたくさん必要なことはわかりますが、小さな政治であれば高額な資金は必要ないでしょう。大きな政府よりも小さな政府にしてほしいです。
nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ
  • SEOブログパーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。